googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html 輸入車国産車動画紹介

東京モーターショー2013 次期パジェロコンセプトモデル登場!! 次世代コンセプトモデルPHEV、燃費性能を重視したディーゼルターボ搭載か!!

2013 ジュネーヴモーターショー出展 GR-HEV コンセプト

今年2013年で販売より7年目を迎える三菱パジェロ『 4代目 』。三菱のフラッグシップとなるパジェロの次世代コンセプトモデルが今年11月に開催される『 東京モーターショー2013 』において発表されることが予定されている。

2013ジュネーヴモーターショーにおいて発表された『 Concept GR-HEV 』に三菱初となるディーゼルハイブリッドエンジンを搭載、2.5Lのクリーンディーゼルエンジンに+1モーターにバッテリーを組み合わせた1モーター式ハイブリッドシステムを搭載している。


続きを読む

| MITSUBISHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ 『 オーリスワゴン(動画) 』来年にも日本へ上陸か!! プリウスαよりも低価格のハイブリッドワゴンに期待!!

欧州仕様車『 オーリス・ツーリング・スポーツ 』

2012年9月フランス・パリにおいて開催された『 パリモーターショー2012 』においてオーリスより285mm全長が延長されたステーションワゴンタイプ『 オーリスツーリングスポーツ 』がトヨタより発表され、欧州をメイン市場に量産を開始し販売を始めてからもうすぐ1年が経過しようとしている。

兼ねてより今年2013年には日本市場においてデビューも近いと噂されていた。これまで豊富な種類のステーションワゴンを製造してきたトヨタだが、その殆どがミニバンブームなどの影響などにより廃盤となっていったのが事実で、トヨタの国内向けラインアップの中にステーションワゴンが少ないことからオーリスツーリングスポーツは来年にも日本国内へ導入される。

欧州市場におけるオーリスツーリングスポーツへ搭載されているエンジンは、2種類のガソリンエンジン車が『 1.3L、1.6L 』ディーゼルエンジン車が『 1.4L、2.0L 』ハイブリッド車には『 1.8L直4+モーター 』のハイブリッドが設定されており、燃費を重視する日本国内向けに関してはハイブリッド専用車の方向で決定となるようである。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013 ホンダ 新型アコード 発売開始から大人気!! 販売絶好調で納期は4〜5ヶ月待ちの今年12月〜来年1月納車!!


ホンダより今年6月20日に発表され、6月21日に発売が開始されたハイブリッド専用モデル『 新型 アコード 』ホンダ初となる2モーター式ハイブリッドシステムにより『 JC08モード燃費30km/L 』という同クラスセダンの中では圧倒的な燃費性能を誇っている。

その新型アコードの売れ行きが予想以上に絶好調であり納期が3ヶ月から2ヶ月延長され、現在12月〜来年1月の納車となっている様子。ホンダは新型アコードの月販目標を1,000台と設定していたのに対し発売後一週間で強で3,600台を受注している。


続きを読む

| HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ 4ドアセダン『 カムリ 』 一部改良と特別仕様車 9月2日に受注開始!! 

トヨタ カムリ『 CAMRY 』北米仕様車

2011年9月5日にフルモデルチェンジし発売が開始されたトヨタ『 カムリ 』日本市場においては販売台数もそれほど多くないため見かける機会はあまり多くはない、しかし国際市場での人気は絶大で、とくに北米市場においては、クラストップの販売実績を誇っておりトヨタの世界戦略車種である。

北米においては、2.5L直4と3.5LV6、2.5Lハイブリッド(直4+モーター)の3種のエンジンが用意されたが、2011年9月販売の日本国内向けモデル『 9代目 』はすべてハイブリッド専用車となる。

エンジンは2.5リッターアトキンソンサイクル+電気モーターを組み合わせたトヨタ新世代ハイブリッドシステム『 THS II 』が搭載されバッテリーはニッケル水素電池を採用している。

システム全体での最高出力は、205psを発生し3.0リッターガソリンエンジン車並みの出力を誇る一方、JC08モード燃料『 23.4km/L 』という優れた燃費性能も記録している。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンダ オデッセイ新型『アブソルート』・『G』・『B』11月発売開始!!【動画】『 JC08モード13.8km/L〜14km/L 』ハイブリッドモデルは東京モーターショー2013において初披露!!HVモデル発売時期・燃費性能は?


2013年4月上海モーターショーにおいてワールドプレミアとなった『 コンセプト M 』をベースとし『 新型 オデッセイ 』として誕生することが明らかとなり、『 オデッセイ・アブソルート』『 オデッセイ・G 』の発売が11月より開始された。

世代交代となるオデッセイは9月26日にティザー広告が始まり市販となるモデルの全容が明らかとなった。直4 2.4L DOHC i-VTEC ガソリンエンジンを搭載したモデルの発売は11月となり、直4 2.0Lのハイブリッドエンンジンモデルについては、11月に開催される東京モーターショー2013において初披露された後、年末もしくは年明けの発売となるようで、新型アコードと同じ『 2.0L アトキンソンサイクル DOHC i-VTEC エンジン + 2モータ式、i−MMD(intelligent Multi-Mode Drive) 』のHVシステムとなると、新型アコードのJC08モード燃費(30km/L)に近い燃費性能が期待される。

2013 オデッセイ アブソルート

O-745.jpg


現行モデルでは立体駐車場に格納できることを前提に全高1,550mmの設定となっていたが、全高が低いことで室内スペースが低下するというデメリットが生じていたことから全高を150mm高く設定しミニバンとして広い室内空間(居住性)を保つために現行モデルよりも150mm程高く設定されている。ホンダは超低床プラットフォームを新開発し、燃料タンクを薄くしワンステップフロアは『 29p〜30cm 』と150mm高くなったが重心高は20mm程度しか高くなっていない。
続きを読む

| HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。