googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html 輸入車国産車動画紹介

トヨタ 『ヴィッツ』・『ラクティス』・『パッソ』コンパクトカーを2014年にマイナーチェンジ!!ハイブリッドと同じくNAガソリンモデルも最高の燃費性能を目指す!!

トヨタはこれまでアクアやプリウスなどハイブリッドカーをメインに高い燃費性能を求め開発を進めていたが、2014年度はガソリンエンジン搭載車の燃費性能を見直し各クラストップを目指す方針のようで、主力のコンパクトカーである『ヴィッツ』・『ラクティス』・『パッソ』(1.0L・1.3L・1.5L)などコンパクトカーのガソリンエンジン搭載車をクラス最高の燃費性能にすべく開発を進めているという。
〔現行モデル〕

ヴィッツ.jpg


現在NAガソリンエンジン搭載車、同クラスの燃費性能においてトップとなっているのは・・・
『 1.0L・三菱 ミラージュ(JC08モード 27.2km/L)』
『 1.2L・スズキ スイフト(JC08モード26.4km/L)』
『 1.3L・ホンダ フィット (JC08モード26.0km/L)』
『 1.5L・ホンダ フィット (JC08モード21.8km/L)』


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンダ アコード プラグインハイブリッド(PHV)個人向けリース販売開始!!リース価格は5年間で月々約8万円!!複合燃費は脅威の70.4km/L!!


ホンダはプラグインハイブリッド車であるアコード プラグイン ハイブリッド(PHV)の個人向けリース販売を今月22日から首都圏を中心とした全国170店舗・400台限定で販売を開始した。

ホンダはアコード プラグイン ハイブリッドをすでに官公庁向けへリース販売しており、家庭用電源で充電した電気とガソリンエンジンの両方の動力が使用可能で、高い安全性を重視した衝突軽減ブレーキなど新装備を充実させた装備となっている。

価格は500万円という設定で、2.0リッターのi-VTECエンジンとハイブリッドシステムi-MMD+アコード専用の大容量リチウムイオンバッテリーが組み合わせられJC08モード燃費(37.6km/L)という低燃費を実現、EV走行とガソリン走行とを複合した燃費は『 70.4km/L 』という超低燃費性能である。


続きを読む

| HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年 秋 ホンダ 新型レジェンドデビュー!!パワートレーンには次期NSXと同じスポーツハイブリッド『 SH-AWD 』を搭載!!

2014年秋『 ホンダ・新型レジェンド 』ベースとなる『 Acura・RLX 』

1985年(初代)〜 2012年(4代目)まで27年間長きにわたり生産されたホンダのフラッグシップセダン『 レジェンド 』2012年6月末生産中止。そのレジェンドが来年2014年秋、新型(5代目)となって再びデビューする予定となっている。

ホンダは2014年に、6種類の新型車を国内市場へ投入する予定で、新型レジェンドはその中の1台となる。

大型セダン市場においては、トヨタのレクサスLS600h、メルセデス・ベンツSクラス、BMW 7シリーズ、日産スカイラインなど、高級セダンにハイブリッドという付加価値を付け人気を得ている。

現在ホンダには、次期レジェンドと呼ばれる、北米のホンダの高級ブランドであるアキュラから販売されているアキュラ『 RLX 』があり、今年11月のLAショーにおいて『 次期 NSX 』と同じ『 SH-AWD 』搭載のハイブリッドバージョン、『 RLX スポーツハイブリッド 』が発表され、時期レジェンドにはこのスポーツハイブリッドシステム『 SH-AWD 』が搭載される。


続きを読む

| HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ カローラアクシオ・フィールダー北米風顔にデザインへ変更!!フェイスリフトモデルは2014年春に登場!!

トヨタ 北米仕様カローラ

トヨタ『 カローラアクシオ(4ドアセダン)2代目 』・『 カローラフィールダー(5ドアステーションワゴン)3代目 』は2012年5月、共にフルモデルチェンジを果たし発売が開始された。

日本国内・北米・欧州・アジア諸国において、世界15拠点で生産し150ヶ国以上の地域で販売、国内においては1969年から2001年まで33年連続で年間販売台数1位を達成するなどトヨタを代表する世界のベストセラー車、カローラであるが・・・

北米仕様カローラ.jpg

最近、日本市場において販売に苦戦しているようで、そのひとつには・・・トヨタ『 アクア 』の影響が大きいようで、もともと小型車分野にHV専用車として存在していたトヨタ『 プリウス HV 』に加え『 アクア HV 』の登場により、次第にHVのプリウスやアクアがトヨタの国内販売の中心となり『 カローラ 』の販売が伸び悩むこととなったようである・・・


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニバンの帝王 トヨタ 新型アルファード、新型ヴェルファイア、新型登場は2015年春頃!!

現行、ヴェルファイア動画

ミニバン市場において圧倒的な販売台数を誇る『 アルファード 』・『 ヴェルファイア 』、現行モデルは11月にマイナーチェンジし、2008年の登場から5年目を迎えた現行モデルは2014年末〜2015年春頃にモデルチェンジされるようだ。

アルファード・ヴェルファイアは、Lサイズミニバンの市場においてその人気はトップクラスであり、 300万円 〜 595万円という価格設定であってもユーザーからの支持率はとても高い。

そんなアルファード・ヴェルファイアのLサイズミニバン市場へ投入されたライバルが、今年9月に登場となった新型オデッセイ(5代目)で低床化とすることでアルファード・ヴェルファイア同等の室内空間を確保し、販売台数UPのため他社種からの移行を狙っており、来年1月15日には同クラスとなるエルグランドもマイナーチェンジを受け登場する。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。