googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html 輸入車国産車動画紹介

2014 ホンダ 新型ステップワゴン『 4代目 』今年末に発売予定のモデルには1.5Lダウンサイジングターボをラインナップ予定!!

新型ステップワゴン イメージ画像

2014 SW-01.jpg

画像引用元:雑誌名 2014ベストカー1月26日号 平成26年1月26日発行(12月25日発売)講談社ビーシー/講談社 第三十七巻 第二号 14P 公式HPクリック → 講談社ビーシー公式webサイト ベストカー

トヨタ・ノア、ヴォクシー今年1月にフルモデルチェンジし、2.0L ミニバンBOXタイプ初となるストロングハイブリッドが設定され、日産・セレナ(FF)モデルすべてSハイブリッドが設定されるなど他社メーカーはミニバン市場へますます拍車をかけ、販売も好調となっている。

ホンダは今年11月〜年末を目標にミニバン市場の挽回を図り『 次期 ステップワゴン(5代目) 』を登場させる予定で開発を進めている。

トヨタ・ノア、ヴォクシーや日産・セレナなどハイブリッドモデルが主流となっているミニバン市場においては、高い燃費性能が求められることで次期型ステップワゴンへはハイブリッドモデルをメインとした、現行のアコードへ搭載の(直4 2.0L DOHC+2モーター)i-MMDを採用し、早期にもラインナップが予定されていたが・・・


続きを読む

| HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015 トヨタ新型プリウス 来年夏デビュー予定!! フロントマスクには新デザインを採用し大幅な燃費性能UP!!

2015 新型プリウス スパイショット『 画像 』

トヨタより1997年、世界初となる『 量産ハイブリッド自動車 』として初代プリウスが誕生してから今年で17年目を向かえ、プリウスは来年にもモデルチェンジが予定されており『 4代目 』へと生まれ変わる。

『 4代目 』となる次期プリウスは、燃費性能向上、空力面の改善に加え、大幅な軽量化を目標に開発が進められているという。

次期プリウスでは、現行モデルのボディサイズ『 全長4480mm×全幅1745mm×全高1490mm 』に『 車重1310kg 〜 1490kg 』であるボディサイズと車重が見直され、次期モデルでは全長を+70mm程長く、全幅を+25mm程拡大、ボディサイズは現行モデルよりも若干大きくなるものの、車重は1260kg程度に抑えられるという。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014 北京モーターショー14 日産ラニア・コンセプトを世界初公開!!


日産自動車は中国で開催中の2014年北京モーターショーにおいて『 ラニア・コンセプト Lannia Concept(ラニア・コンセプト) 』『 中国名:藍鳥(Lan Niao) 』を世界初公開した。

ラニア・コンセプトの車名は、日産のセダン『 ブルーバード 』に対する敬意から、中国語でブルーバードを意味する『 藍鳥(Lan Niao)』の発音から『 ラニア・コンセプト 』と名付けられ、1980年代以降に生まれた中国の『 バーリンホウ(八零后)』と呼ばれる若者達をターゲットにしたコンセプトカーである。


続きを読む

| NISSAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズキ 北京モーターショー2014においてコンセプトモデル『 アリビオ 』『 iV-4 』などを出展!!。


スズキは4月20日より開催されている北京モーターショー2014において、世界初公開となるCセグメントセダンのコンセプトモデル『 コンセプト アリビオ 』と、昨年ドイツ・フランクフルトモーターショー2013において初公開されたコンパクトSUVのコンセプトモデル『 iV-4 』を出展した。

コンセプト アリビオは、2013年4月の上海モーターショーに出品した『 オーセンティックス(AUTHENTICS) 』をベースとして、量産に向けて調整を行ったコンセプトモデルで、アリビオのエクステリアには、全高を抑えて全幅を広くとったスタイリングに滑らかな曲面と鋭いキャラクターラインを採用した特徴的なデザインとなっている。

パワートレーンには、軽量化や摩擦抵抗の低減により出力向上と低燃費を両立した1,586ccの水冷4サイクル 直列4気筒 DOHC 16バルブVVTガソリンエンジンを搭載、
燃費性能を高め、軽量・コンパクトな新開発6速ATと組み合わせる。


続きを読む

| SUZUKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ 北京モーターショー2014において、中国市場向け新型『 カローラ 』・『 レビン 』発表!!

左:新型レビン 右:新型カローラ
カローラレビン・カローラ.jpg

今月4月20日に開幕した北京モーターショーにおいてトヨタは、合弁パートナーの一汽トヨタ自動車販売・広汽トヨタ自動車とともに新型車『レビン』&新型『カローラ』を中国において初公開し、日本において生産が終了した『 レビン 』の名前が中国市場において復活することとなった。

トヨタより今回発表された新型車『 レビン 』&新型『 カローラ 』には、中国産ハイブリッドユニットが搭載される予定で計画が進められており、2015年にはハイブリッドモデルが市場へ投入される。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。