googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html 日産 ノートハイブリッド 2016年7月〜8月に発売!!日産主力のコンパクトハッチバックにいよいよHVモデル登場!! - 輸入車国産車動画紹介

日産 ノートハイブリッド 2016年7月〜8月に発売!!日産主力のコンパクトハッチバックにいよいよHVモデル登場!!

NOTE1.jpg

2016年7月頃、日産は主力の小型車『 ノート 』へ新開発のハイブリッドシステムを搭載し市場へ投入する。

日産はこれまでリーフをはじめ、EV車に注力してきたが、やはり日本市場においてはハイブリッドへの関心が高いユーザーが多いためか次期ノートはハイブリッド車として登場するようだ。

やはり、ライバルである『 アクア 』の存在も大きく、市場を挽回するためのハイブリッド導入とも受け取れる。

新開発となるノートのハイブリッドシステムは、1.2Lエンジンをベースに日産独自のハイブリッドシステム『 インテリジェント デュアル クラッチ コントロール 』を採用、1モーター2クラッチ式ハイブリッドシステムとなる。


駆動と発電を1つのモーターで行い、2つあるクラッチの1つでモーターとエンジンを完全に切り離し、高速域においてのモーター走行や高効率のエネルギー回生を可能にしたというもの。

このシステムは5月中旬に発売されたエクストレイルHVにも採用されており、これをより小型に・軽量化されたコンパクトカー専用の新開発ハイブリッドシステムが次期ノートへ搭載される。

ノートHVにはコースティング機能も備え、アクアのJC08モード燃費『 33.8q/L 』を意識しているため、これに近い燃費性能を実現してくることは間違いないだろう。このHV投入に併せ外観にも多少変更が加えられるようす。

そして、日産にはまだ隠し玉があり、リーフで培ったEV技術にガソリンエンジンを組み合わせ、エンジンを発電専用としたシリーズハイブリッド式 EVユニット『 Pure Drive e-Power 』の開発も進められており、今年9月フランクフルトモーターショー2015に登場した『 Gripz Concept (グリップス コンセプト)』へ採用された。

このシリーズハイブリッド式 EVユニット『 Pure Drive e-Power 』は、2017年以降市場へ投入する車への搭載が予定されており、その第一弾として初採用となるのが次期ジュークが有力のようだ。






| NISSAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。