googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html 日産・新型セレナ来年8月頃に販売開始!!スポーツ仕様には『 セレナ・NISMO 』が登場!! - 輸入車国産車動画紹介

日産・新型セレナ来年8月頃に販売開始!!スポーツ仕様には『 セレナ・NISMO 』が登場!!

日産セレナ(4代目)

日産セレナ1.jpg

5ナンバーサイズのミニバンで根強い人気を誇る『 日産・セレナ 』、2010年11月の登場から『 4代目・セレナ 』の登場から、約5年目を迎えついに来年フルモデルチェンジを迎える。

来年フルモデルチェンジとなる新型セレナの注目点は、やはりかねてから話題となっているストロングハイブリッド搭載車の設定で、パワートレーンには現行のエクストレイルハイブリッドと同じ1モーター&2クラッチ方式の本格的なハイブリッドシステムを搭載、直4、2.0Lエンジンを搭載する。


日産セレナハイウェイスターVエアロモード

日産セレナハイウェイスターVエアロモード.jpg

エクストレイルハイブリッドの燃費性能は『 JC08モード燃費20.6q/L 』となっているが、新型セレナでは日産とルノーが共同で開発を行うCMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)による、新世代プラットフォームが採用となり軽量化されることからライバルとなるノア/ヴォクシーハイブリッド『 JC08モード燃費23.8q/L 』を大きく超えてくる可能性は大きいようだ。

このハイブリッド車のベースとなるエンジンが2.0Lとなることから加速に関しては、ヴォクシー/ノアを凌ぐとも言われており、1.5Lダウンサイジングターボを採用するホンダのステップワゴンにも対向することになる。

ボディサイズは現行とほぼ同じ『 全長4,770o×全幅1,735o×全高1,865o 』程で、5ナンバーはそのまま継続となり、価格帯に関してはノア/ヴォクシーよりも更に安価となるようで270万円前後の価格帯に設定されるという。

そして、新型セレナにはハイウェイスターよりも更にスポーツ仕様となるモデルがラインアップされるようで、これが『 NISMO 』仕様と噂されており、『 FAIRLADY Z・JUKE・NOTE・MARCH 』に続く第5弾目としてボディ剛性をはじめ車高も低く、足回りも固めに設定された低床設計となるようだ。

リリース時期については、来年の2016年8月前後となる見込み。







| NISSAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。