googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html PART2 レクサス LC 待望のレクサススポーツ『 F 』の登場はいつ頃に!!その気になるスペックは? - 輸入車国産車動画紹介

PART2 レクサス LC 待望のレクサススポーツ『 F 』の登場はいつ頃に!!その気になるスペックは?

次期LS・Lexus LF-FC Concept


もう間もなく来月デトロイトショー16において公開予定のレクサス『 LC-500 』『 LC-500h 』、今回のデトロイトショーにおいて注目株であることは間違いないだろう。

レクサス側もこのモデルにはかなり力を注ぎ込んでおり、内装に関してもこれまでにないほど贅沢で美々しい装備となるようだ、シートの仕様は総革張りとなり、本木目のパネル、アルミをふんだんに使用した加飾が施される。

安全装備には最新となる『 レクサス セーフティシステム +』を標準装備、更にはサイド&バックビューカメラをオプションにて設定するとか。



つまり、これまで運転中に左右後方、側方を確認していたサイドミラーがなくなり、広範囲の小型CCDカメラによって車体後方、側方を車内のモニターに映し出すシステムとなる。

このシステムはFCVとなる次期『 LEXUS LS 』にも採用される予定となっており、既にお気付きの方々もいるだろう東京モーターショー2015に出展されていた『 LEXUS LF-FC コンセプト 』にもサイドミラーが無く、これは2020年の実用化を目標に開発が進められた自動運転に携わるものの一つであるという。

それから、レクサス車にとってエンジニアたちが総力を挙げ開発を手掛ける、レクサススポーツの血統でもある『 RC F、GS F 』など『 F 』の存在であり、もちろんこの『 LC 』へも待望の『 F 』モデルが設定されるという。

待望の『 LC F 』の登場は2018年頃になると噂されており、パワートレーンは4.0LクラスのV8電動ツインターボとなるようで・・・一部の情報によれば、最高出力は『 V12に匹敵 』し、600psを軽々とオーバーするとも噂されている。

価格は・・・
LC500 『 5.0L V8(2UR-GSE型)477ps/54.0kgm 』ベースグレードが1500万円前後
LC500h 『 3.5L V6(2GR-FXE型)+モーター 』ハイブリッドが1650万円前後

将来追加される『 F 』モデルは
LC F 『 4.0L V8(電動ツインターボ)※開発中 』2500万円前後になるという。

もはや、この価格設定では購入するのは一部の方々に限られるかもしれないが・・・1981年から24年間続いた歴史を持つトヨタ・ソアラを継承するモデルとして、国内ブランドが世界市場へ向け販売展開していくその姿を応援していきたい。







| Lexus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。