googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html BMWと共同開発の次期トヨタ・スープラ、スポーツHVをメインに!!PHVもラインアップ?!! - 輸入車国産車動画紹介

BMWと共同開発の次期トヨタ・スープラ、スポーツHVをメインに!!PHVもラインアップ?!!


トヨタとBMWが共同開発するミドルサイズスポーツモデルの第一弾となるトヨタ・スープラ。

2007年デトロイトショーで公開された『 FT-HS 』をはじめ、その後・・・2014には発展型となる『 FT-1 』を出展、すでにこの時点でスープラ後継モデルの実現が可能になったことで公開された。

『 FT-HS 』開発時には未来のスポーツカーとしてどのように発展させていくべきか?環境性能をどう表現していくのか?軽量化技術またその他規格や生産にどのように対応していくのかなど、主に技術的な部分での壁があったようだが、BMWとの提携によりそれをクリアできたことでスープラを復活させる見通しが立ったという。



FT-1-1.jpg
『 出展: http://clicccar.com/ 』

次期トヨタ・スープラに関し様々な情報によれば、プラットフォームはBMW製で共用となり、『 BMW・Z4 』にも採用される。ボディの形状はスープラが『 クーペ 』となり、Z4が『 オープン 』になる見込みで、ボディサイズに関しても、当時のスープラ『 JZA80型(国内2代目) 』のサイズ(全長4,520mm×全幅1,810mm×全高1,275mm )とほぼ同じになるようす。

ボディデザインに関しては、次期スープラ、Z4それぞれ独自のデザインになるようで、次期スープラのボディデザインは『 FT-1 』と同じトヨタのカリフォルニア州のデザインセンター『 CALTY 』が担当するようで、『 FT-1 』をさらに進化させたデザインになるようだ。

気になるパワートレーンに関しては、『 スポーツHV 』をコンセプトにBMW製『 2.5L直4ターボ+モーター 』となるHVでシステム出力400psを目標に開発されているとか・・・NAには2.0L直4ターボあるいは3.0L直6ターボが採用されるようで、これにPHVもラインアップされる。※HV技術開発に関してはトヨタ担当

生産に関しては86&BRZのように、提携先のBMWが担当することになりそうだ。

市販モデル発売時期に関しては、2017年初頭〜2018年頃と予測される。







| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。