googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html トヨタ・マーク] 次期型は『 FF 』へと進化!! TNGA採用によりクーペをイメージさせるスポーツセダンへ!! - 輸入車国産車動画紹介

トヨタ・マーク] 次期型は『 FF 』へと進化!! TNGA採用によりクーペをイメージさせるスポーツセダンへ!!

現行・マーク]
230.jpg

現行型で(2代目)となる『 トヨタ・マーク] 』そのマークXが、トヨタの次世代車両技術『 TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)』を採用し、マークXの駆動方式が『 FR 』から『 FF 』へ転換する。

トヨタ・マーク]の『 FF 』化は、2011年頃から次期型の開発と共に進められていたようで開発途中この『 FF 』化計画が一旦白紙になり『 FR 』として再構築されるかもしれない・・・という時期もあり、その背景には同じDセグメントでもある『 BMW・3シリーズ 』や『 メルセデスベンツ・Cクラス 』の売れ行きが好調だったということもあり『 FF 』化が一旦白紙となったようで当時はトヨタも相当迷っていたようだ。


だが、やはりマーク]を『 FF 』化する方向性に変わりはないようで、正式に『 TNGA 』を採用したクーペをイメージさせるデザインの新スポーツセダンへと進化する。

ボディサイズは『 全長4700o×全高1410o×全幅1800o 』程のサイズとなり、トヨタ・SAIくらいのボディサイズとなるようだ、更に『 TNGA 』プラットフォームを採用することにより現行に比べ車高が『 20o 〜 30o 』程低くなるもよう。

『 FF 』化に合わせパワートレーンにも大幅な変更が加えられるようで、現行『 2.5L V6・3.5L V6 』は廃止となり、新開発のダウンサイジングターボ『 1.5L直4ターボ 』が採用されるという。

また、この新開発となる『 1.5L直4ターボ 』に『 モーター 』を組み合わせたターボハイブリッドも検討されているようす・

この1.5Lターボは現行のV6に比べ大幅に燃費効率を改善し『 JC08モード燃費 20q/L 』を目標に現在も開発をすすめているという。

現在の情報では、FF化マーク]市販モデルの登場は2017年〜2018年頃になるもよう。







| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。