googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html Mercedes Benz - 輸入車国産車動画紹介

2014 メルセデス・ベンツ Cクラス いよいよ7月上旬発売開始!!日本仕様は4車種のラインナップ!!


今年1月米国デトロイトショーにおいて発表された新型メルセデスベンツ新型『 Cクラスセダン 』、当初の予定では5月、6月頃に日本での発表・発売開始が予定されていましたが、どうやら日本国内での発売は7月上旬に決定となったようだ。

新型Cクラスは、新型『 Sクラス 』のデザインを引き継ぎ、テールランプの形状に『 エクスクルーシブ ライン 』仕様のフロントグリルを採用している。ボディサイズは全長4846mm×全幅1810mm×全高1442mm、ホイールベースは2840mmで、ポイントは先代に比べアルミニウムの使用率を増加させ約100sの軽量化に加え、剛性、軽量ボディとなり、空力性能も各段に高めたモデルへと進化している。

日本仕様には、4グレードが設定され『 C180 』『 C180アバンギャルド 』『 C200アバンギャルド 』『 C250スポーツ 』の4種がラインナップとなる。


続きを読む

2014 新型メルセデスベンツ・Cクラスステーションワゴン!! AMGチューンのハイパフォーマンスモデル2015年6月にデビュー予定!!


今年1月に開催されたデトロイトショーにおいてワールドプレミアとなった『 Cクラス 』メルセデス・ベンツシリーズの中で最も多くの販売台数を誇る『 Cクラス 』。メルセデス・ベンツの中でサイズ、価格ともにお手頃というところがCクラス人気の理由のひとつ。

そんなCクラスをメルセデス・ベンツのチューニング部門『 AMG 』がチューンを施したCクラスのセダンベース『 C63 AMG 』が2015年前半に日本国内へ登場、その数ヶ月後にデビューなるのがこの『 C63 AMG 』ステーションワゴンとなる。


続きを読む

メルセデス・ベンツ 2014コンパクトSUV『 GLA 』いよいよ5月日本上陸!!1.6Lから2.0Lツインターボまで多彩なラインナップ!![動画]


メルセデス・ベンツより昨年9月にフランクフルトショーにおいて市販車が披露された、メルセデス・ベンツの新型コンパクトクロスオーバーSUV『 GLA 』。そのGLAが今年5月日本へ上陸、いよいよ日本での販売が開始される予定となっている。

現在、この『 コンパクトSUV(排気量2.0L以下) 』というクラスにおいては世界的に人気が急拡大している市場であり、『 BMW・X1 』『 アウディ・Q3 』をはじめ、国内においては『 トヨタ・ハリアー 』『 日産・エクストレイル 』『 ホンダ・ヴェゼル 』『 スバル・フォレスター 』などで、メーカー各社ラインナップされている車種も多く、先日北京ショー14において発表されたレクサス初のコンパクトクロスオーバーSUV『 LEXUS NX 』もその一つ。

同社『 Aクラス 』をベースに開発された『 GLA 』は、メルセデス・ベンツの中で最も小さなSUVであり、Aクラスとサイズを比較した場合、全長127mm、全幅24mm、全高59mm(※ルーフレール含)ほんの少しAクラスより大きい設定となり、全長の拡大部分のそのほとんどは後方のラゲッジスペースに使用され、日本国内の道路事情に合ったサイズといえる。


続きを読む

メルセデスベンツ Cクラス 今年5月に日本上陸発売開始!!新型にはCクラス初となるエアサスペンンション搭載!!


昨年末に発表されていた新型メルセデスベンツ新型『 Cクラスセダン 』が、デトロイトモーターショー14で今年1月に正式デビューを飾り初公開された。

4代目となる新型Cクラスは、先にデビューした新型『Sクラス』のデザインを引き継いでおり、テールランプの形状に『 エクスクルーシブ ライン 』仕様のフロントグリルにリアスタイルも新型Sクラスとの共通性を思わせ、ボディサイズは全長4846mm×全幅1810mm×全高1442mm、ホイールベースは2840mmとなる。

先代に比べ95mm長く、高さは5mmほど低いが、長さが95mm、幅が40mmワイドとなり、ホイールベースが80mm延長されている。ボディは大型化したものの車重は先代に比べ100kgの軽量化に成功、アルミ製のボディや、新世代後輪駆動モジュラープラットホ−ムを採用したことで大きな成果が得られたようだ。



続きを読む

2013メルセデスベンツ『 A45 AMG 』日本国内発表間近に迫る!!【動画】 2.0L最速のコンパクトハッチバック!!



日本国内において今年1月17日に発売が開始されたメルセデス・ベンツ『 新型 Aクラス 』そのAクラスにメルセデスベンツの高性能モデル開発部門である『 AMG 』が手掛けたハイパフォーマンスモデル『 A45 AMG 』が日本国内発表間近となっている。

今回、メルセデスベンツAMGが公式サイトより配信した映像には、F1ドライバーのルイス・ハミルトン選手がハンドルを握り、サーキットにおいて『 A45 AMG 』のハイパフォーマンスを披露している。

『 A45 AMG 』は全長約4.3mのコンパクトなAクラスに、AMGがチューンした高出力エンジン2.0リッター直噴4気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載、『 AMG 4マティック 』と呼ばれる4輪駆動システムを採用、足回りおよび内外装全てにおいてAMGが仕立てた最高出力360hp、最大トルク450Nmというクラスの常識を超え、4.5リッターV8並みのスペックに仕上げたモデルで最高速は250km/h(リミッター)0-100km/hは4.6秒である。
AMGが過去に高性能モデルをコンパクトクラスに設定したことはなく、今回が初となる。

続きを読む

0-100km/h加速 4.6s メルセデスベンツ 2014 A45 AMG【動画】


メルセデスベンツの高性能モデル部門である『 AMG 』から初のコンパクトモデルとして登場する『 A45 AMG
』は新たに開発された、AMG 2.0リッター直噴4気筒エンジンを搭載している。さらに1年間の限定生産モデルとして『 A45 AMG エディション1 』という特別仕様車も設定されている。

搭載されている新エンジンは、世界で最もパワフルな直噴4気筒エンジンであり、最高出力360ps/6000rpm、最大トルク45.9kgm/2250-5000rpmを発生させる(4.5リッターV8並みの45.9kgmという強大なトルクを、僅か2,250rpmから5,000rpmまで発揮し続ける)0-100km/h加速 4.6s(リミッター有)最高速度250km/hを誇る。


続きを読む

メルセデスベンツSクラス 新型発表!【動画】


ドイツ自動車大手ダイムラーは15日メルセデスベンツの最上級となる新型車『Sクラス』を発表した。
世界の高級車モデルを目指した新型は、「インテリジェントドライブ」、「エフィシエントテクノロジー」、「エッセンスオブラグジュアリー」の3つを柱としたプロジェクトにおいて開発された。

新型では現行型以上にその快適性にこだわり、12.3インチ(30cm以上)の大型モニターがメインのダッシュボード中央に装備され、インターネットアクセス、ナビゲーションシステムなどの情報を表示する。

エンターテインメント性を重視するための装備として前席バックレストには大型モニターを装備、後部に座る顧客のために独立2座仕様も設定されており、リクライニングシートを最大レベルまで倒し背中をマッサージすることも可能であり、更にはこれまでよりも社内での振動や騒音を抑えている。

「インテリジェント・ドライブ」と呼ばれる最新技術は、車体周辺360度を写す全方向ステレオカメラや、路面状況に自動的に対応するシステムを標準搭載している。

エンジンは4.7リットルV型8気筒ツインターボを搭載し最大トルクは71.4kgm/1800-3500rpm、最大出力は455ps/5250rpm、0-100km/h加速は4.8秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の実力を発揮する。


メルセデスベンツ 新『Sクラス』一部公開【動画】


ドイツ自動車メーカーメルセデス・ベンツは5月15日にドイツのハンブルグにおいて初披露する予定である新型『S Class』の動画が、メルセデス・ベンツ公式の動画サイトにて公開されている。

フロントマスク部分を披露するのは今回が初であり、動画の最後には新型Sクラスの特徴的なLEDポジションランプが映し出される。

新型『S Class』のインテリアはすでに公開されており「エッセンス・オブ・ラグジュアリー」をテーマとし開発され、『S Class』としての高級感あふれるデザインと気品に満ちた仕様となっているようだ。


ソース Response 《森脇稔》

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。