googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html SUBARU - 輸入車国産車動画紹介

スバル、新型インプレッサ!!来年秋にも、5ドアスポーツ、4ドア(G4)市販開始!!WRX S4 STIは2017年に!!


今年10月に開催された東京モーターショーにおいて公開された『 インプレッサ 5ドア コンセプト 』。引き続き11月に開催されたロサンゼルスショーにおいて公開された『 インプレッサ セダン コンセプト 』が早くも来年秋には市販モデルとなって販売が開始されるという。

2011年12月20日に販売開始された現行インプレッサ(4代目)は登場してから今月で4年目を迎える。インプレッサは5ドアの『 インプレッサスポーツ 』4ドアの『 G4 』スポーツグレードの『 WRX 』クロスオーバーの『 XV 』ワゴンとなる『 レヴォーグ 』とスバルファンにとってインプレッサシリーズは幅広く展開し注目されている車種でもある。

そんなインプレッサが、来年秋にもベースモデルとなる『 5ドア インプレッサ スポーツ 』『 4ドア G4 』が新型となって登場し、この新型にはスバルの次世代プラットフォーム『 スバル グローバル プラットフォーム(SGP)』が採用される。


続きを読む

| SUBARU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバル、ヴィジブフューチャーコンセプト!!スバルの次世代SUVは次期フォレスター?デビューの時期は!!


東京モーターショーにおいて公開された『 ヴィジヴフューチャーコンセプト 』は、2013年ジュネーヴにおいて公開された『 ヴィジヴコンセプト 』『 ヴィジヴ2コンセプト 』に続くスバルの第3弾となるクロスオーバーSUVになるが・・・この『 ヴィジヴフューチャーコンセプト 』が次期フォレスターになることが有力とされているようだ。

『 ヴィジヴフューチャーコンセプト 』のプラットフォームは、次期インプレッサとも共有しており、フロントにエンジン、リアへシングルモーターを配備したハイブリッドAWDが搭載可能となるパッケージとなっており、これにより、四輪駆動車や後輪駆動車へ必須でもあった駆動軸に伝達する役割であるプロペラシャフトが不要となったことが大きな利点となっており、室内空間を広く快適にすることが出来、AWDながらもよりフラットなフロアレイアウトが実現されている。


続きを読む

| SUBARU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバル 新型インプレッサ!!次世代プラットフォームSGPを採用し2016年末にデビュー!!

< SUBARU > IMPREZA 5-DOOR CONCEPT

事前に公開されていたコンセプトモデルのスケッチから、東京モーターショーにおいてついに実車が初披露された『 インプレッサ5ドアコンセプト 』。

スバルは今後のスバルブランドを磨いていくための取り組みとして総合的な安定性能を高めるために次世代プラットフォーム『 SGP(Subaru Global Platform)』を投入していくことを昨年より公表していたが、その内容が具現化されいよいよ次期インプレッサから採用される。

今回モーターショーに登場したコンセプトモデルは『 DYNAMIC(躍動感)&SOLID(塊感)』をイメージし、スポーティ&ハイパフォーマンスに加え、運転する楽しさを追及したスバル独自のモデルとなっており、プラットフォーム一新によって走行性をはじめ全体の質感も大幅にアップするようす。


続きを読む

| SUBARU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバル・エクシーガ特別仕様車『 エアブレイク 』8月22日発売開始!!新設定『 2.0GT-S EyeSight 』も同時発売開始!!

エクシーガエアブレイク.jpg

富士重工業・スバルは、7人乗り5ドアミニバン『 エクシーガ 』に改良を行うとともに、特別仕様車となる『 AIRBREAK(エアブレイク) 』を設定して、8月22日に発売を開始する。

今回の改良では、ベース仕様の向上とともにグレードラインアップを見直し、特別仕様車となる『 AIRBREAK 』や新グレード『 2.0GT-S EyeSight 』を新たに加えることで、エクシーガの商品力を強化、月間販売計画は400台としている。

パノラミックガラスルーフ
560.jpg

特別仕様車となる『 AIRBREAK 』では『 2.5i EyeSight 』をベースに、天井の広大なガラスエリアによるパノラミックガラスルーフを標準装備に、サテンメッキ塗装のドアミラーやハイラスター塗装の17インチアルミホイールを装備、シャンパンゴールドステッチが施されたシートの採用により、質感を大幅に高めている。『 ※標準装備にはファブリック&合成皮革、オプションにおいてアルカンターラ&レザーを選択可能 』


エクシーガ.jpg


続きを読む

| SUBARU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバル 新型WRX STI 8月中旬に発売開始!!4ドアベースのみのラインナップ!!エンジンには伝統のEJ20ターボを搭載!!


2013年のロサンゼルス国際オートショーでデビューし,既に米国や欧州において先行販売されているスポーツセダン『 WRX STI 』、新設定となるノーマル『 WRX S4 』と同時にいよいよ8月下旬に日本国内において販売が開始される。

新型『 WRX 』は『 S4・STI 』の2つがラインナップされ、新設定の『 S4 』はノーマルの『 WRX 』にあたる。

新型『 WRX STI 』の気になるパワートレインは先行販売の北米仕様においては、先代の『 WRX STI A-Line 』が搭載していた『 2.5L EJ25TUBO 』採用し、最高出力305hp/最大トルク40.0kgmとなっていたが・・・日本国内モデルに関しては『 水平対向4気筒 EJ20 2.0L DOHC 16バルブ デュアルAVCS ツインスクロールターボ 』を搭載、最高出力:227kW(308PS)/6,400rpm 最大トルク:422Nm(43.0kgm)/4,400rpmとなる。


続きを読む

| SUBARU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバルの新設定セダン『 WRX S4 』8月中旬に発売開始!!気になる価格とレヴォーグとの違い!!


2013年のロサンゼルス国際オートショーでデビューした新型スポーツセダン『 WRX S4 』。既に米国や欧州において先行販売されている新設定『 WRX S4 』がいよいよ8月下旬に日本国内において『 WRX STI 』とともに販売が開始される。

新型『 WRX 』は『 S4・STI 』の2つがラインナップされ、新設定の『 S4 』は言わばノーマルの『 WRX 』にあたり、基本設計は6月20日に販売開始となった『 レヴォーグ 』と同じになるが、レヴォーグはワゴン、WRXはセダンとあってボディサイズが若干異なる。

レヴォーグが『 全長4690mm×全幅1780mm×全高1490mm 』に対し、WRX S4は『 全長4595mm×全幅1795mm×全高1475mm 』となり、レヴォーグよりも全長が95mm短く、全幅が15mm広く、全高が15mm低くなりホイールベースは同じ2650mmとなり、車両重量は1540kgとレヴォーグより20kg軽い。


続きを読む

| SUBARU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバル レヴォーグ 販売好調!! 1.6LGT-Sアイサイトが受注の約7割を占める!!現在の納期は・・・


今年1月4日より先行予約を開始、4月15日に発表、レガシィの後継として登場した新型ステーションワゴン『 スバル・レヴォーグ 』は6月20日の発売を前に好調な滑り出しとなっているようで、現在納期まで3ヶ月待ちの状況が続いているようです。

新開発となる1.6Lのダウンサイジングターボが選択可能で、流麗なシルエット、内装にはピアノブラック調およびメッキパーツを採用し質感の高さを演出、フル乗車時のラゲッジ容量は522L(※床下のサブトランク含む)という広さ。

リアのハッチゲート側からリアシートが前倒しできる間隔操作スイッチも備わり、なんといっても一番のトピックは人気の安全運転支援システム『 Eye Sight Ver.3 』の採用で、ステレオカメラは従来の『 Ver.2 』の白黒の認識から、カラー対応となり高解像度化されている。


続きを読む

| SUBARU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバル 新型エクシーガ・EXIGA 2015年デビュー予定!!人気の7シーターミニバン2.5Lの水平対向を搭載、スバルらしい走りを充実させ登場!!

次期エクシーガ・EXIGA 『 スバル クロスオーバー7コンセプト 』
クロスオーバー7コンセプト-1.jpg

スバル・富士重工業より、月間目標販売台数は2300台と発表され2008年6月に日本での販売を開始した現行型エクシーガ。スバルSUVの中で唯一3列シートを持つエクシシーガ・EXIGAは『 7シーターパノラマツーリング 』をコンセプトに、4代目レガシィをベースとしてインプレッサ、フォレスターなどで培ったツーリングワゴン作りのノウハウを基に3列シートミニバンとして登場した。

2008年の登場より今年で6年目を迎える現行型エクシーガは、来年2015年にフルモデルチェンジが計画されており、その新型エクシーガとなるモデルには・・・


続きを読む

| SUBARU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。