googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html Acura - 輸入車国産車動画紹介

ホンダ『Acura』 2014 アキュラ MDX【北米仕様】【動画】


ホンダの高級車ブランド、アキュラは米国で開幕したニューヨークモーターショー13において、アキュラブランドのフラッグシップモデル、2014 新型『MDX』を初公開した。

今回初公開された新型『MDX』は3代目のモデルであり、アキュラの最上級SUVモデルとして存在している。
大型ボディへ搭載となるエンジンは、2代目3.7Lからサイズを小型化しさらに改良を加えた新しい直噴3.5リットルV型6気筒ガソリン「i-VTEC」を搭載している。最大出力は290ps、最大トルクは36.9kgmを発揮し、パドルシフト付6速オートマチックトランスミッションとなる。

駆動方式はSH-AWDの最新4WDと、MDX初となるFFの2種類となり。走行状態によって 自動的にエンジンの3分の1または半分を休止するVCM(可変シリンダーシステム)を採用し、同様の装備が新型RLXにも搭載されている。

米国EPA(環境保護局)調査燃費は、FF車の場合、市街地8.5km/リットル、高速11.9 km/リットル、複合モード9.8 km/リットルを実現している。

安全性に関しては、後方確認用カメラ、車線逸脱や死角の監視、前方衝突緩和システムなどの機能が備わっており、エアバッグは、ロールオーバーセンサー付きフロント、フロントサイド、ドライバーの膝やサイドカーテンへ装備されている。



| Acura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ホンダ』アキュラ 2014 RLX 【北米仕様】【動画】


ホンダの高級ブランドであるアキュラはロサンゼルスモーターショー12において『レジェンド』の後継モデルとなるラグジュアリーフラッグシップセダン、アキュラ新型『RLX』を発表した。

ホンダ『レジェンド』は日本国内において、ホンダの最高級フラッグシップセダンであったが、2012年6月に生産を中止しそれに次ぐ高級セダン『インスパイア』の生産及び販売も中止している。

ホンダ『レジェンド』は日本国内において1985年に登場しており、以来27年の間に4回のモデルチェンジを行っている。91年には約1万9000台を販売し、初代からの累計販売台数は10万台強に達し人気車種として大きな存在となっていた、しかし時代と共に日本国内での高級セダン市場は軽自動車や小型車に人気が集中することとなり、現在に至っては軽自動車、小型車、ハイブリッド車等へシフトしている。

しかし、海外においては事情が異なり、ホンダは需要の大きい地域を中心に高級セダンへ力を注いでおり、これまでの『レジェンド』や『インスパイア』の後継モデルとして今回の新型アキュラRLXを登場させることとなった。



発表された新型アキュラRLXは、ホンダが主体とする前輪駆動であり新開発の3.5L直噴SOHC i-VTEC V型6気筒エンジンを搭載し、高出力及び低燃費を両立させている。
最大出力は310psを引き出し、さらに走行状態によって自動的にエンジンを6気筒から3気筒へ切り替え気筒休止させてガソリンを節約する可変シリンダーシステム(VCM)を採用している。この気筒休止システムは、過去にインスパイアへ採用されている。

米国EPA(環境保護局)の調査によると燃費は市街地8.5km/リットル、高速13.2km/リットル、複合モード10.2km/リットルである。

アキュラ新型RLXの価格はベースグレードで、4万8450ドル(約440万円)と公表された。

2013年後半には、SPORT HYBRID SH-AWD(スポーツ・ハイブリッド・スーパー・ハンドリング・オール・ホイール・ドライブ)搭載車が発売される予定となっている。


| Acura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ホンダ』アキュラ新型NSX 2015年生産へ【動画】


2012年のデトロイトショーにおいてコンセプトカーが初披露され、軽量なボディと次世代V型6気筒『VTEC』直噴エンジンを搭載し、これまでになかった新たな走りを実現させる性能を持ち、さらには前輪の左右独立したモーターで後輪を駆動する電動式四輪駆動システムにより、優れた環境性能と燃費性能を実現し新たなハイブリット・スーパースポーツモデルへと新型NSXは大きく進化した。

去年のコンセプトモデル発表から1年という時を経てようやく市販化される目前となった新型NSX、これまでの公式発表において開発と生産は米国で予定しているとの情報は明らかとされていたが、2013年5月14日、新型NSXの生産を米国のオハイオ工場において生産する計画であると正式に発表された。

米国オハイオ工場はホンダアキュラブランドの主な海外生産拠点となる工場であり、今回のNSX生産にあたって工場施設へ(約70億円)の投資を行い『パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター』を建設、技術力の高いエンジニアスタッフを100名配備しNSX専用の組立工場にする計画を進めている。

新型NSXの生産が行われる工場はこのオハイオ工場のみであり、その他の国々はアメリカから輸入し販売することになる、本来ならば歴代のNSXと同様、日本国内においての生産を理想としたいところだが、やはりスポーツモデルに関しては需要の多い海外を拠点とする方がコスト的にも得策である。



ソース Response

| Acura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海モーターショー13 小型SUVコンセプト アキュラ SUV-X を世界初公開



ホンダは4月20日、上海モーターショーにおいて、高級車の「アキュラ(Acura)」・・・

続きを読む

| Acura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アキュラ 次世代 NSXコンセプト


2005年7月をもって生産を終了したNSXだったが・・・それから約数年後再び蘇ることとなった。
続きを読む

| Acura | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。