googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html TOYOTA - 輸入車国産車動画紹介

トヨタ オーリスハイブリッド!! 2016年7月日本国内へ向け販売開始予定!!ハイブリッドシステムは3代目プリウスと同じ『 THS-II 』!!


トヨタの欧州先行販売ハイブリッドモデル、『 オーリスハイブリッド 』が2016年7月頃にいよいよ日本国内市場へ向け投入される。

今年4月にマイナーチェンジが行われたオーリスは、車両前面から見たフロントフェイスに『 キーンルック 』と呼ばれる独自のデザインを採用し、フロントマスクには台形のバンパー開口を強調した『 アンダープライオリティ 』を組み合わせ車両の内外装のデザインを大幅に変更した。

オーリスの欧州モデルでは『 1ND-TV型 1.4L 直4 SOHC ディーゼルターボ 』『 1AD-FTV型 2.0L 直4 DOHC ディーゼルターボ 』『 2ZR-FXE型 1.8L 直4 DOHC+モーター ハイブリッド 』がラインアップされている。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ 新型プリウスPHV 2016秋にフルモデルチェンジ!! PRIUS PHV 独自の専用デザイン!!


東京モーターショー2015において初披露された新型『 PRIUS プリウス(4代目)』。

12月9日に発売が開始となり、やはり絶大な人気を誇るプリウスのモデルチェンジとあって世間の関心も絶大で受注が殺到、11月から開始した先行受注は6万台以上となっているようで、現在の納期は2016年4月中旬〜5月になっているという。

しかし・・・トヨタでは年明けから生産台数を増強し対応、2016年9月には高岡工場において生産が開始される予定となっており、納期に関しては徐々に解消される予定。トヨタは2016年新型プリウスの世界販売計画台数を35万台に設定しているようだ。

そんな大人気のプリウスに、来年秋(9月頃)・・・


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ GRMNシリーズ第5弾!!GRMN 86 12月21日に発表!!最高出力219psとなる1000台限定発売!!


トヨタがG'sよりも更に更にハイレベルのチューニングで市販展開する『 GRMN (カズー・レーシング・チューンド・バイ・マイスター・オブ・ニュルブルクリンク)』。

GRMNではこれまで『 MARK X 』『 Vitz Turbo 』『 iQ Supercharger 』『 iQ 』などの車種に様々なチューニングを施し市販してきたGRMN、そのGRMNから5弾目として12月21日に発表される『 86 GRMN 』。

過酷なコース条件により『 スポーツカー開発の聖地 』とも呼ばれるドイツのニュルブルクリンクにおいてテスト走行を繰り返しTOYOTA 86の頂点を極めたチューニングが『 GRMN 86 』となる。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ 2016年度に廃止されるモデルは全部で『 9車種+OEM 1 種 』!!年内中には販売するモデルを再編!!

A-560.jpg

2016年度中にトヨタはの販売中止モデルが多数あり、その販売中止モデルは全部で『 9車種 』有り、販売は継続されているものの、販売実績が悩ましいあるいは、新規投入モデルとコンセプトが似ているため生産が中止となる。

現在、トヨタでは(トヨタ店、カローラ店、トヨペット店、ネッツ店)と販売店によってそれぞれ専用車種の販売を行っているが、中には他店との併売車種もあり販売店の大幅な商品ラインナップの再編が実施される。現在ネッツ店で販売されているオーリスは2016年7月以降にはトヨペット店との併売になるようです。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ C-HRコンセプト 走行性能を重視したコンパクトSUVハイブリッド!!市販化はいつ頃に?

PARIS MOTOR SHOW 2014 C-HR CONCEPT (3door)


2014年のパリモーターショーに初出展され注目を集めた『 C-HR Concept 』。初出展された当時は3ドアとして登場したが、その後・・・今年9月に開催されたフランクフルトショーにおいて3ドアから5ドアへ変更され、より市販化モデルを意識したボディ形状へと進化した。

東京モーターショー2015に登場した『 C-HR Concept 』はフランクフルトで登場したモデルとほぼ同一であり、個性的なスタイリングはフロントマスクに現在のトヨタ車のグローバルモデルに採用されている『 キーンルック 』や、アンダーグリルを強調した『 アンダープライオリティ 』といったトヨタ独自のデザインが特徴となっている。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ新型プリウス『 4代目 』大幅に一新され12月9日いよいよ発売開始!!気になる価格、走り、燃費性能、納期は?

TOYOTA new Prius
東京モーターショー2015(44th)にてお披露目された新型プリウス(4代目)、新型プリウスには新型プラットフォームTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)が第一弾として採用されるということでその注目度も高く、その新型プラットフォームの採用により従来のモデルよりも約60%引き上げられたボディ剛性に車体は低重心化、全体的に低くなったことで従来モデルよりも(全高−20o・全長+60o・全幅+15o)とボディ形状を改め大幅な空気抵抗の軽減となり省燃費性能に大きく貢献している外観となっているようだ。

トヨタ・プリウスと聞けば、ユーザーとしてやはり気になるのはその燃費性能であることは間違いなく、今回のモデルチェンジを機会に乗り換えを考えているユーザーも多くいることから従来モデルとの違いについては・・・


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ、ノア・ヴォクシー・エスクァイアを一部改良!!ハイブリッドモデルにもエアログレードを設定!!

トヨタは2016年『 ノア 』『 ヴォクシー 』『 エスクァイア 』以上3車種に一部改良を加え、年明け早々1月6日に発売を開始するようで、同時にこれまでガソリン車にしか設定されていなかった『 Si(ノア)』『 ZS(ヴォクシー)』がハイブリッド車にも設定され発売が開始されるようだ。

トヨタ・ノア Si
Si.png


一部改良の内容に関しては、『 カローラ フィールダー 』や『 カローラ アクシオ 』へ初採用された、レーザー+カメラを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキシステム『 トヨタ セーフティセンスC 』が設定される。

トヨタ・ヴォクシー ZS
ZS.png


その他にもセルフリストアリングコート(耐すり傷向上塗料)が採用されるようで、洗車傷やドアハンドル回りのつめ傷などのすり傷に対し高い耐性をもつクリア塗装であり『 レクサス LS 』にも採用されている。

続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ新型エスティマ来年春にもビッグマイナーチェンジ!!3.5L V6モデルは廃止に!!

E-A.jpg

トヨタの大人気車種となるミニバン、エスティマがいよいよ来年春にビッグマイナーチェンジを迎える。このエスティマのマイナーチェンジを待ちに待ったというファンも多いはず。

以前より、2016年にはアルファード、ヴェルファイアをベースにフルモデルチェンジとなるのでは?と噂されていたが、どうやら大幅な改良を加えたビッグマイナーチェンジとなるようだ。

そこで来春に実施されるエスティマのビッグマイナーチェンジの内容についてだが、現在のところ判明している情報では今回のビッグマイナーチャンジにおいてドア以外のボディパネルが新デザインとなり、内装に関しては新材質を採用し、カラーリングも同様にこれまでのエスティマに無い新色が採用されるようで、使い勝手の良いレイアウトのインパネとなるようです。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。