googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html TOYOTA - 輸入車国産車動画紹介

ついに登場!!トヨタ新型プリウス、日本での発表、販売開始は今年12月9日から!!40q/Lの燃費性能!!

2015年9月8日北米ラスベガスにてワールドプレミア
アメリカラスベガスにおいてワールドプレミアとなった新型プリウス(4代目)この新型の登場を待ち待った方も多いはず、日本での発表、発売は12月9日に予定されているが、どうしても一足先に見たいという方は・・・

『 44th 東京モーターショー2015 』
東京ビッグサイト「プレビューデー10/29(木)〜 」「 一般公開 10/30(金)〜 11月8日(日)」においてトヨタより出展される可能性が高いので足を運んでみてはいかがでしょうか・・・


リンク → 第44回 東京モーターショー2015

突如登場した新型プリウス、気になる国内仕様のスペック・・・その内容については・・・

続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年末に登場のマツダCX-3に兄弟車の存在!!トヨタの新型コンパクトSUVへ『 SKYACTIV-D 』を搭載か・・・!!ボディサイズはオーリス程!!

o-123.jpg

昨年11月に発売された『 新型ハリアー 』の受注状況は現在も衰えることなく納期は長期化、価格.comの『 自動車 』というカテゴリーの人気ランキング順位では過去最高となる3位を記録、上位5車種には『 レヴォーグ 』『 ヴェゼル 』『 ヴォクシー 』『 FIT 』がある。

現在、標準グレードの『 グランド 』中級グレードの『 エレガンス 』は11月下旬〜12月末程の納期であり、上級グレードとなる『 プレミアム 』『 プレミアム アドバンスパッケージ 』に至っては、12月末〜来年1月中旬と依然衰えをみせない状況が続いているようす。

一方で、トヨタにハリアークラスは存在するものの、『 ヴェゼル 』『 ジューク 』『 SX4 』など、人気のコンパクトSUVクラスのラインアップが無くポッカリ穴の空いた状態であり、欧州においても『 RAV4 』の下に位置するSUVが無い・・・

そこで、トヨタはこの穴を埋めるために現在コンパクトSUVの開発を急ピッチで進めているわけだが、どうやらこの新型コンパクトSUVの発表は来年の4月頃に予定されているもよう。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ カムリ9月9日マイナーチェンジ!!北米モデルは大胆に変更!!国内モデルマイナーチェンジの内容は?

(Toyota Camry)米国トヨタより、ニューヨークモーターショー2014において初公開された北米仕様トヨタカムリ2015年モデル。

来月9月9日に日本国内仕様『 トヨタ カムリ Camry 』のマイナーチェンジが行われる。

北米仕様のマイナーチェンジに関しては、2000点もの部品を刷新、車の骨格から全面的に見直しを行い、全長を45mm延長しエクステリアを87%変更、ルーフ以外のパーツを一新し、前後のエクステリアも大幅にイメージチェンジ、先代に比べよりスポーティなフロントマスクへと変更される。

インテリアには、ソフトタッチ素材を採用し、質感を向上させ、『 2.5L直列4気筒+モーター 』のハイブリッドモデル。『 2.5L直列4気筒 』『 3.5LV型6気筒 』の3種をラインナップ、公開されたモデルが市販化され、フルモデルチェンジに近いほどのビッグマイナーチェンジとなる。

一方、『 9月9日 』にマイナーチェンジを迎える日本国内仕様のトヨタカムリについては・・・


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ 新型シエンタ 来年7月のフルモデルチェンジへ向け試作を開始!!福祉車両限定のスロープ仕様を一般化へ!!

パッソ セッテ (PASSO Sette)
パッソ セッテ (PASSO Sette).jpg

トヨタの7人乗り3列シート小型ミニバン『 シエンタ 』は、2015年7月予定のモデルチェンジへ向け、計画が順調に進み、現在試作段階に入ったもよう。

次期シエンタは、国内の道路事情にマッチしたサイズとなり、ホイールベースを延長し居住性を改善、全幅は5ナンバー枠となる1695mmに設定されるようだ。

搭載予定のパワートレインは新設定となる『 1.5Lハイブリッド 』と『 1.5Lガソリン 』が設定され、アイドリングストップ機構も装備され、ガソリン車には1.5L(2NR型)を採用、4WD車には(1NZ型)、ハイブリッド車には(1NZ型)を搭載、これにニッケル水素バッテリーが床下へ設置される。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタFJクルーザー一部改良!!ホワイトルーフとイエローボディのツートーンイエローが復活!!

FJクルーザー.jpg

トヨタは、人気の本格4WD『 FJクルーザー 』を一部改良し7月30日発売を開始した。

今回の一部改良ではカラーパッケージのカラーバリエーションが中心で、ホワイトルーフとイエローのボディを組み合わせたツートーンイエローが復活、全6色が設定された。その他の仕様やメカニズムの大きな改良などはない。

メーターパネルには、新デザインのアナログメーターが採用され、フロントデザインにはシャープな印象を与えるフロントフォグランプをオプションに設定するなどより個性的なスタイリングとなっている。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ ノア・ヴォクシー現在の納期状況!!今後はガソリン車の販売が加速!!


今年1月に3代目としてフルモデルチェンジした新型ノア・ヴォクシー、姉妹車となるその両車の受注ピッチが頭打ちとなっているようすで、現在は納期が急速に短縮されているようすで、7月中旬頃の情報ではハイブリッド車が8月中旬、ガソリン車が9月中旬の納期となっているようです。

モデルチェンジして直ぐの納期は、3ヶ月待ちの状態となりハイブリッド車の方が1ヶ月程長くなり受注全体の約6割を占めておりハイブリッド車がやや優勢となっていたが・・・

7月中旬になり状況が変化したようで現在はガソリン車の方が長く待たされる傾向にあるもよう。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014トヨタ・エスティマ マイナーチェンジ!!9月2日に一部改良、特別仕様車『 VERY 』を設定!!従来のプレミアムエディションも一部改良!!

E-01.jpg

昨年5月にマイナーチェンジし一部改良が行われ、『 アエラス 』の2.4Lガソリン車、ハイブリッド車の各7人乗り仕様をベースにした特別仕様車『 アエラス"Premium Edition" 』を発売したエスティマ。

そのエスティマが9月2日に一部改良、さらに特別仕様車『 VERY・Edition 』が設定される。

エスティマの一部改良では、3.5Lとハイブリッド車へ設定されているVSC(車両安定制御システム)が新たに2.4Lにも設定されエクステリアにおいてはドアミラーがオート格納となり、リバースギヤに入れるとドアミラーが自動で気になる死角が見えるように動くリバース連動式が設定され、インテリアに関してはインパネ、ドアアームレスト、コンソールボックスの加飾が変更される。

アエラスの内装パーツはサイバーカーボン調からピアノブラック調へ変更され、空調が内気循環の場合にはエンジンがOFFになるのと連動し自動で外気を取り入れる新機能が追加される


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ 次世代 スープラは4WDの可能性? BMWの軽量化技術CFRP(カーボンボディ)に2.0Lターボを搭載か!?

TOYOTA-Supra2.jpg
Photo Topspeed
トヨタがBMWと共同開発を発表したのが、2012年6月それから約2年が過ぎた今、次世代スープラの全貌が
少しづつ明らかとなってきている。

この両社の共同開発は、トヨタのガソリンエンジンに電気モーターを併用するハイブリッド次世代技術をBMWへ供給。

またBMWは既に『 i3 』や『 i8 』へ採用されている、量産仕様のカーボンファイバー強化樹脂『 CFRP 』を使用した軽量化技術をトヨタへ供給する。

BMWの軽量化技術が(FRスポーツ)次世代スープラへ盛り込まれ、トヨタとBMWがそれぞれ得意分野を担当することでよりレベルの高いスポーツカーを作り出すというもの。

当初はトヨタスープラのラインナップは数年前に予定されていたが・・・2008年に起きた『 リーマンショック 』により凍結されていた・・・


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。