googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html Volkswagen - 輸入車国産車動画紹介

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ『7代目』のフラッグシップモデル『 ゴルフ R 』日本国内にて3月に発売開始!!歴代ゴルフ最強となる『 300ps/38.7kgm 』のモンスターラインナップ!!

Volkswagen Golf VII 『 Golf R 』

VWより2013年6月に新型ゴルフ『 7代目 』ベースモデルが日本国内へ向け販売を開始、約半年で1万3000台を販売、11月には輸入車として初となる『 2013〜2014 日本カー・オブ・ザ・イヤー 』に選ばれ、その他にも『 ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2013 』『 2013ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー 』を受賞しカー・オブ・ザ・イヤー3冠を達成、新型『 7代目 』ゴルフは世界各国において高評価のモデルとなった。

昨年9月には日本市場へ向け、新型『 7代目 』がベースとなるゴルフのリアルスポーツモデル『 ゴルフ GTI 』の発売を開始、さらに今年1月新型ゴルフの派生モデルとなるゴルフのステーションワゴン『 ゴルフ ヴァリアント 』を日本市場へ投入し続々とフォルクスワーゲンより新型車がラインナップされている。

そして、その勢いに乗るかのように今回ラインナップされるのが、昨年9月に本国(ドイツ)において発表された新型ゴルフの最上級グレードとなる『 ゴルフR 』であり、今年3月に日本市場へ投入され発売が開始される予定となっている。

続きを読む

| Volkswagen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォルクスワーゲン・up!・初のEV 『 e-up!』


ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン販売するAセグメントハッチバック型乗用車となる『up!』、2007年9月フランクフルトモーターショーにおいてコンセプトカーとして登場した。2012年4月にワールド・カー・オブ・ザイヤー(WCOTY)を受賞している。

エンジンは、1L直列3気筒、DOHC12バルブで44kW(60ps)と55kW(75ps) の2種類があり、5MTではアイドリングストップや回生ブレーキなどで更に燃費を向上させた『 ブルーモーション テクノロジー 』を採用したモデルも選べる。3気筒のエンジンはとかく振動が出やすいのが特徴となっているが、up!の3気筒エンジンは穏やかな印象である。



続きを読む

| Volkswagen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VW 新型ゴルフ『デザインビジョンGTI』を初披露【動画】


フォルクスワーゲンは5月8日からオーストリアで開催されている、フォルクスワーゲン&アウディのファン感謝イベント「Worthersee 2013」においてデザインビジョンGTIを初披露した。

今回のデザインビジョンGTIモデルは欧州にて発表された新型『ゴルフGTI』をベースに開発された高性能モデルであり、サーキットでの仕様をイメージし製作されている。

その主となるパワーユニットの仕様は排気量3.0L 直噴V型6ターボエンジンを搭載し、0-100km/hを3.9秒で駆け抜け、最高速は300km/hとレーシングカーとしての高い能力を秘めている。

また大幅にワイド化されたボディサイズはレーシングカーのイメージに沿ったデザインとなっていて、全長4,253mm × 全高1,385mm × 全幅1,870mmであり、その全体を支える足回りは、フロント235/35、リア275/30のワイドな20インチのタイヤに、 フロント380φ、リア356φのセラミックブレーキディスクを採用しサーキット向けの仕様となっている。

今回のファン感謝イベントは約15万人以上の来場者が見込まれており、今回で31回目を迎える。
会場で多くのファンが見守る中、初披露となったデザインビジョンGTIは登場と同時に多くのファンを魅了した。

ソース SKIDDMARK続きを読む

| Volkswagen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォルクスワーゲン新型『GOLF GTI』高機能コンセプト予告


2013年スイスにて開催されたジューネーブモーターショー13において初披露され7代目GOLFがベースとなっている、フォルクスワーゲン新型『GOLF GTI』は、スポーティな走りを望む顧客のために設定されたモデルであり、その走行性能は並のスポーツかーに負けない程の能力を発揮する。

その新型『ゴルフGTI』の実力は、最高出力220ps/4500-6200rpm、最大トルク35.7kgm-1500-4400rpmを発生する2リッターTSIエンジンを搭載しており、0-100km/h加速は6.5秒、最高速は246km/hを実現させている。

更に最高出力を230ps/4700-6200rpmに高めた高性能型『GTIパフォーマンス』も設定されており、こちらは0-100km/h加速6.4秒、最高速250km/hの走行性能を発揮する。

新型『ゴルフGTI』が優れているのはその走行性能だけではなくアイドリングストップ機構を採用し環境性能にも配慮しCO2排出量は139g/kmであり、燃費に関してはJC08モードで16km/リッター前後になる。フォルクスワーゲンは先代(現行型)のGTIと比較するとその燃費性能は18%向上していると説明している。


そんなフォルクスワーゲン『GTI』の更なるニュースとなるのが!!オーストリアにおいて開幕する予定であるファン感謝イベント『Wortherseeツアー』において『デザイン ビジョンGTI』が初公開される。

関連記事 新型ゴルフ『デザインビジョンGTI』

ソース Response

| Volkswagen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞!!


2013年ニューヨークオートショーにおいて、世界23カ国、66名の国際的自動車ジャーナリストによって『2013年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーが選出された』・・・

続きを読む

| Volkswagen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。