googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html BMW - 輸入車国産車動画紹介

2014 BMW 『 218i アクティブツアラー 』10月日本上陸!!日本国内向けには『 1.5L 3気筒 』ターボのみをラインナップ!!


2014年ジュネーヴショーにおいて公開された、BMW初のFFモデルとなる『 BMW 218i アクティブツアラー 』がいよいよ今年10月日本上陸を果たす。

第1弾として販売が開始された『 M235i 』クーペに続くラインナップとなり、エンジンは『 1.5L 3気筒 』と『 2.0L 4気筒 』のガソリンターボ『 2.0L 4気筒 』のディーゼルターボの3種類が設定されているが、日本国内向けには『 1.5L 3気筒 』ターボのみが導入される予定となっている。

この1.5Lガソリン 3気筒ターボは、3代目ミニと共通となる6速MTトランスミッション・6速ATとの組み合わせで、欧州複合モード燃費は4.9L/100km、CO2排出量は115g/km、最高速度は200km/h。


続きを読む

| BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014 BMW 2シリーズ アクティブツアラーを発表!!BMW初のFFコンパクトMPV登場!!


BMWはジュネーブモーターショー14において、BMW初のFFモデルとなる『 BMW 2シリーズ アクティブツアラー 』を世界初公開した。

エンジンは、エンジンは1.5リットル3気筒と2.0リットル4気筒のガソリン、2.0リットル4気筒のディーゼルの3種類をラインナップ。

3代目ミニと共通となる1.5Lガソリン 3気筒ターボの(136ps)『 218i アクティブツアラー 』を搭載、6速MTトランスミッション・6速ATとの組み合わせで、欧州複合モード燃費は4.9L/100km、CO2排出量は115g/km、最高速度は200km/h。

2.0Lガソリンモデルには 4気筒直噴ターボの(231ps)『 225i アクティブツアラー 』が搭載され、8速ATと組み合わされ、欧州複合モード燃費は6.0 L/100 km、CO2排出量は139g/km、最高速度は235km/h。

2.0L 4気筒ディーゼルターボモデルには(148ps)『 218d アクティブツアラー 』には、6速MTトランスミッションもしくは8速ATとなり、欧州複合モード燃費は4.1L/100 km、CO2排出量は109g/kmとなる。


続きを読む

| BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BMW2シリーズクーペ 日本国内市場へ向け3月にリリース!!BMWコンパクトハイパフォーマンスクーペモデルいよいよ日本上陸!!


今年1月に開催されたデトロイトショーにおいて公開され、注目を集めた1シリーズクーペの後継モデル『 BMW2シリーズクーペ 』が今年3月いよいよ日本へ上陸発売が開始される。

ラインナップされるBMWの中で最もコンパクトなFR・4シータークーペとなる『 BMW2シリーズクーペ 』は4シリーズよりもひと回り小さいサイズの全長4432mm×全幅1774mm×全高1448mm、ホイールベース2690mmとなり、先代の1シリーズクーペと比較すると全長を+72mm延長、全幅を+26mm広げ、全高を-5mm低く、ホイールベースが+30mm延長されヘッドルーム+19mm、後席の足元スペースが+21mm拡大された設計となり、先代の1シリーズクーペに比べ若干全体のサイズが大きくなったが、その分居住性が向上し日本国内においても扱いやすく手頃なサイズに必要十分なパフォーマンスを合わせ持つ魅力的なモデルとなるだろう。


続きを読む

| BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BMW初のEV車 BMW i3 年内に本国発売!!


BMWは、EV車(電気自動車)の開発に長い歴史を持ち『 BMW iプロジェクト 』から実績を積み上げてきた独自の技術『 eDrive 』テクノロジーを搭載したコンセプトモデル「i3」のクーペバージョンが年内中に本国(ドイツ)において販売を開始する動きをみせている。このiブランドの最初の市販車として、年内に発売される『i3』の予約受注が好調で、2014年には日本での販売を計画している。

続きを読む

| BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014 新型 『 BMW X5 』発表!!【動画】


ドイツ高級車メーカー、BMWは、新型『X5』を発表した。
初代『X5』(エックスファイブ・クロスファイブ)シリーズはオンロードの走行性能を重視し、2000年から米国のサウスカロライナ州、スパータンバーグのBMWサウスカロライナ工場で製造された、BMW初の高級クロスオーバーSAV(SUV)である。
その後2007年には2代目が誕生し初代と2代目の累計販売台数は、130万台以上であり人気車種として大きな販売功績を残している。


続きを読む

| BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BMW ラグジュアリークーペ発表!!【動画】


5月24日、イタリアのコモ湖畔で開催されている「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ」において、『ピニンファリーナ・グランルッソクーペ』を初公開した。

コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステは、イタリア・コモ湖畔で毎年開催されるクラシックカーの一大イベント。BMWはここ数年、このイベントに協賛しており、ワールドプレミア車を披露している。

ピニンファリーナ・グランルッソクーペは、BMWグループとイタリアのデザイン工房、ピリンファリーナとの共同開発により誕生したワンオフのコンセプトカーである。BMWは2012年、同イベントにおいて、『ザガートクーペ』を初公開している。ロングホイールベース、長めのボンネット、短いオーバーハング、低燃費に貢献する滑らかなルーフラインが特徴である。


搭載されるエンジンは、V型12気筒ガソリンであり、その主なスペックについてはまだ公表されていない。予測として6.0リットルV12ツインターボであれば、最大出力544ps、最大トルク76.5kgmとなる。室内は4シーター。ブラウンのレザーを使用し、ラグジュアリーな空間に仕上げている。

BMWは、グランルッソクーペについて、「BMWのラグジュアリークーペを、ピニンファリーナの視点を通して表現した」とコメントしている。


| BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BMW コンセプトアクティブツアラー 【動画】

BMWは2012年9月パリ・モーターショー12において出展した『コンセプト・アクティブ・ツアラー』の市販化へ向けた最新映像を公開した。

『コンセプト・アクティブ・ツアラー』はフロントに直列3気筒ターボ・エンジンを搭載し前輪のみエンジンで駆動させ後輪は電気モーターで駆動する4WD『プラグイン・ハイブリッド・ドライブ・システム』を搭載しており、将来へ向けたBMW初となる小型MPVでBMWブランドにおける大きな期待を背負ったモデルである。

搭載されているエンジン及び電気モータはBMWグループにおいて独自に開発されたものであり、リチウムイオン・バッテリーは、家庭用の『220V』コンセントから充電できるという。
この電気モーターの特徴は、エンジンで走行中加速が必要な場合『ブースト機能』が装備されておりエンジンによる加速を補助する機能が備えられている。
『エコ』はもちろんだが、エンジンの負荷を軽減し軽快に走るために電気を使用する装備でもあるようだ。

車体の大きさは、全長4353mm、全幅1834mm、全高1560mm、ホイールベースは2670mmとなっており、BMWブランドのコンパクトカーFFプラットフォームをベースとしている。

ソース AUTOBLOG

| BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013 BMW Z4


2013年デトロイトモーターショーにおいてマイナーチェンジモデルを発表し・・・続きを読む

| BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。