googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html Buick - 輸入車国産車動画紹介

ビュイック・リビエラコンセプト


2013上海モーターショーにおいて、『GM』の高級車ブランド『ビュイック』はコンセプトカーとなる『リビエラコンセプト』を発表した。
ビュイックリビエラの名は『GM』によって製造された1963年〜1999年モデルまで、途中生産中止等はあったものの、本国米国にて多くの人々を魅了し注目を集めた車である。

2007年の上海モーターショーにおいてビュイックはリヴィエラと名づけた『GMイプシロンII プラットフォーム』を基礎としたGMクーペのコンセプトカーを発表していたが、その後市販化され量産モデルとして表舞台に登場することは無かった。

今回登場した『リビエラコンセプト』は2007年に発表されたモデルとは独立したモデルであり、新たに開発されたモデルである。開発、デザインを手がけたのは上海GM及び中国の現地技術開発を中心とする『PATAC』が担当している。

今回のリビエラコンセプトは『強く美しく流れる水』をイメージにデザインされており、全体を包むボディカラーからそのイメージが色鮮やかに表現されとても印象的である。

パワートレインに関しては、プラグインハイブリッドと公表されており。
GMが新開発したデュアルモードW-PHEV(無線プラグインハイブリッド電気自動車)システムを搭載し、ハイブリッドとして機能することができ、従来またはワイヤレスで充電することができるワイヤレスシステムを採用しているという。



ソース Response 《森脇稔》

| Buick | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。