googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html MITSUBISHI - 輸入車国産車動画紹介

三菱、次世代モデルのラインナップを1年先送りに!!2017年には続々と次世代SUV車を市場へ投入予定!!


三菱は2017年から次世代SUVを相次ぎ投入する予定で、商品ラインアップを強化していくようで、パジェロミニが2017年秋のデビューを目標に開発が進められている。

日本国内における様々な災害をを考えると、国内において最も適するのは軽自動車の本格SUVであり、重要多いのジムニーもあるが、リサーチも兼ねて利便性においてはやはり4ドアが良いとのことで日産との合併会社NMKVにおいてパジェロミニ/キックス4ドアSUVを主体としたモデルの開発が進められているという。


続きを読む

| MITSUBISHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱 ランサーエボリューションX 最終モデル6速ツインクラッチSST車をいよいよ8月1日に発売開始!!

LA-1.jpg

三菱自動車は、ハイパフォーマンス4WD セダン『 ランサーエボリューションX 』 を一部改良し既に7月10日より発売を開始。6速ツインクラッチSST車を8月1日から販売する。

ランサーエボリューションXは、2007年にデビューしプラットフォームや2.0Lターボエンジンなど、すべてが新しくなり、現在は標準化されているツインクラッチミッションをいち早く採用したモデルとなる。

また、三菱の得意分野でもある4WD機能も大幅に進化、『 S-AWC(Super All Wheel Control) 』と呼ばれる独自の車両運動統合制御システムを導入し、駆動力、制動力を高度にコントロールすることが可能となった。


続きを読む

| MITSUBISHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱自動車 デリカD:5の特別仕様車 『 M−Limited 』を設定!!6月10日に発売開始!!


三菱自動車は、5月22日に5ドアミニバン『 デリカD:5 』の特別仕様車『 M−Limited(エムリミテッド)』を発表、既に予約受付を開始、6月10日より販売が開始される。

特別仕様車となる『 M-Limited 』は、『 デリカD:5 』の内装や質感を向上させた上、購入しやすい価格帯へ設定されたもので、ガソリンエンジン搭載のベーシックグレード『 M 』をベースに特別装備が追加となる。

439×224.jpg


エクステリアにおいては16インチアルミホイールが5本スポークタイプに変更、インテリアにおいてはステアリングホイールとシフトノブが本革巻きとなり、助手席正面のアッパーグローブBOX、ナビ&シフトノブ周辺のセンターパネル、パワーウィンドウスイッチ、運転席と助手席の間にあるコンソールリッド等それぞれに上質感を演出する木目調のパネルが取り付けられている。



続きを読む

| MITSUBISHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱・パジェロ 世代交代前のフロントマスク変更!! デザインは東京モーターショー2013 Concept GC-PHEV をモチーフに!!


2006年のデビューから7年が経過しモデル末期を迎える現行(4代目)パジェロ。

2015年秋頃にはフルモデルチェンジを予定しており、ガソリンエンジンとの組み合わせによる待望のPHEVがラインナップに加わる予定となっている。

そんなパジェロが2015年の世代交代を前にどうやらフロントマスクをリニューアルするようでヘッドランプの変更に加え、メッキグリルのデザイン変更、ブラックアウト面積の広いフロントマスクが採用されるという。


続きを読む

| MITSUBISHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱 新型RVR 2016年春頃に市販化!! 1.1Lダウンサイジングターボ新型PHEVは高性能!!


三菱自動車より昨年、東京モーターショー2013において初公開された、次世代コンパクトSUV『 MITSUBISHI Concept XR-PHEV 』が『 新型RVR 』として2016年春頃にラインナップされる予定となっている。

現在、世界各国において環境性能の向上を求められる自動車産業においては、メインエンジンにダウンサイジングターボを採用する方向性にあり、三菱も新開発となる直列3気筒1.1L MIVECターボを『 新型RVR 』へ採用し搭載する。

現在も開発中の、この小型PHEVシステムは136psを発生する1.1Lガソリン直噴3気筒ターボエンジンに、120kWの強力なアシストモーター1基を組み合わせるEVを基本とした新開発PHEVシステムとなっており、走行状況に応じて、最適な走行モードを自動選択、燃費・航続距離を飛躍的に高めながら走行が可能となるシステムのようだ。


続きを読む

| MITSUBISHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年秋 三菱・新型パジェロ登場!!ラインナップにはPHEV FRベースの4WDハイブリッドに新開発のディーゼルもラインナップ!!


昨年、東京モーターショー2013において三菱自動車より出展された『 Concept GC-PHEV 』をベースに、再びSUVの王者になるべく開発が進められている『 パジェロ 』。

現行型のパジェロは経営難だったこともあって開発費がかけられなかったモデルであり、三菱自動車のフラッグシップSUVパジェロは、ランクルや、レンジローバー、カイエンといったモデル達から再び市場を奪還すべく急ピッチで開発が進められている。


続きを読む

| MITSUBISHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次期 三菱パジェロ 『 Concept GC-PHEV 』東京モーターショー2013へ登場!!人気のSUV 2015年市販化へ向けいよいよ公開!!『 ガソリン・ディーゼル 』モデルもラインナップ!!

現行型 三菱 パジェロ・PAJERO(4代目)

2006年10月にフルモデルチェンジを行い、今年で7年目を迎える『 三菱・パジェロ(4代目)』そのパジェロの次期型が来月11月開催予定の『 東京モーターショー2013 』において初披露される。

次期パジェロとされるモデルは『 Concept GC-PHEV 』というコンセプトモデルで、デザインスケッチなどはすでに公開されており、実際のモデルにおいては5m程のボディであるようだ。

コンセプトモデルのパワートレインは『 プラグインハイブリッド(PHEV)』とされており、既に販売実績のあるアウトランダーPHEV『 2Lガソリンエンジン+(前後)60kwモーター)』を中心としたシステムをベースに、次期パジェロ用には『 エンジンV6 3Lクラス+(前後)にモーター 』を搭載した4WDとなり新開発のPHEVシステムが搭載され、リチウムイオンバッテリーの蓄電容量も大きなものになるようである。

Concept GC-PHEV デザインスケッチ

三菱concept-gc.jpg

既に好評な販売を続けるアウトランダーPHEVの影響もあり、三菱としては今後PHEVをSUVすべてにおいて展開していく方向のようで、今回登場する『 Concept GC-PHEV 』が大きな存在となるのは間違いないだろう。

続きを読む

| MITSUBISHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京モーターショー2013 次期パジェロコンセプトモデル登場!! 次世代コンセプトモデルPHEV、燃費性能を重視したディーゼルターボ搭載か!!

2013 ジュネーヴモーターショー出展 GR-HEV コンセプト

今年2013年で販売より7年目を迎える三菱パジェロ『 4代目 』。三菱のフラッグシップとなるパジェロの次世代コンセプトモデルが今年11月に開催される『 東京モーターショー2013 』において発表されることが予定されている。

2013ジュネーヴモーターショーにおいて発表された『 Concept GR-HEV 』に三菱初となるディーゼルハイブリッドエンジンを搭載、2.5Lのクリーンディーゼルエンジンに+1モーターにバッテリーを組み合わせた1モーター式ハイブリッドシステムを搭載している。


続きを読む

| MITSUBISHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。