googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html DAIHATSU - 輸入車国産車動画紹介

ダイハツの軽スポーツ 新型コペン大人気!! 月販目標の6倍となる4000台を受注!!現在の納期は!!


ダイハツより2014年6月19日に販売を開始した軽自動車スポーツカー、『 新型コペン 』が予想を上回り、発売から7月中旬以降となる約1か月間の受注が月販目標(700台)の約6倍となる4000台となっている。

新型コペンは『 D-Frame 』とよばれる新骨格構造を採用し高い剛性を骨格のみで実現しており、他にも『 内外装着脱構造(DRESS-FORMATION)』スマートフォン(スマホ)のカバーのように外装パネルと内装パネルの一部が着せ替えのできる構造となり、購入後ユーザー好みにカスタマイズできることなど、新しい発想が人気を集めている。( ※外板の着せ替えは車屋さんで変更可能 )


続きを読む

| DAIHATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイハツ新型コペン好調なスタート!!新型軽自動車スポーツの革命児、12年ぶりの復活!!


7月22日、ダイハツ工業より6月19日から発売が開始された新型軽オープンスポーツカー『 コペン 』の累計受注台数が発表され、新型軽オープンスポーツカー『 コペン 』の累計受注台数が、発売後1ヶ月となる(7月18日現在)で月販目標台数(700台)の約6倍となる4,000台の受注となり、大変好調な立ち上がりをみせている。

主な好評点については、新骨格構造『 D-Frame 』の採用により実現した高いボディー剛性が生み出す『 走行性能 』や、初の試みとなる『 内外装着脱構想(DRESS-FORMATION)』いわゆるエクステリアの着せ替えなどにより簡単にイメージを変更できることや、スポーツカーらしい上質なシルエットに加え、車に興味なさそうな若い女性が目を引くような存在感のあるデザインが高評価につながったようだ。


続きを読む

| DAIHATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイハツ タント 2月の軽自動車売り上げランキング1位!! CMでおなじみのベタ踏み坂は実在!!


軽自動車の常識を覆す室内の広さで、軽自動車スーパーハイトワゴンという新しいカテゴリーを創りあげた初代タント。昨年10月にフルモデルチェンジを迎えたタントには(ホンダ)N-BOX、(スズキ)スペーシアなど協力なライバルが多く顔を揃える状況の中、2014年2月の軽自動車売り上げランキングにはタントが引き続きその強さを見せ月販23,166台、軽自動車ランキング1位となっている。それから(日産デイズ)が5位から2位へと大きく上昇し(日産)デイズも確実に数字を伸ばしてきている様子。

その新型タント(3代目)の魅力についてはその使い勝手の良さにあり、先代より引き継いだ『 ミラクルオープンドア 』はBピラー内蔵型の前後ドアによって大きく開くのが特徴で、新型では運転席側のリアドアもスライド式へ変更、助手席のスライド幅を100mm拡張させ助手席側のロングスライド化とミラクルオープンドアによって後席への乗降性が向上している。


続きを読む

| DAIHATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイハツ 2014新型ムーヴ イーステクノロジー搭載により燃費・走りともにトップを狙いフルモデルチェンジ!!新型は30.0km/L以上の燃費を実現か!!


2010年12月13日に(5代目)として登場した現行型ダイハツムーヴは、今年10月にフルモデルチェンジを迎え新型ムーヴとして登場することが予定されている。

現行型となる(5代目)は軽自動車市場による燃費競争が激化により2011年11月一部改良を施し、ミライースにて開発された『 e:Sテクノロジー 』によって新型のエンジンと改良型CVTを組み合わせたパワートレーンと停車前アイドリングストップ機能『 eco IDLE 』を採用したことで、JC08モードで27.0km/Lを達成し低燃費クラストップ座を実現した。


続きを読む

| DAIHATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイハツ 新型コペン 着せ替えコンセプト 2種類のボディで2014年5月より発売開始!!JC08モード燃費25km/L以上の燃費に大きな期待!!


『 走る楽しさ、所有する楽しさを見直す 』を開発テーマに、2013年東京モーターショ2013において登場した『 ダイハツ KOPEN(コペン)』。脱着できるボディを骨格として『 着せ替え 』可能となったボディには、スポーティなエクステリアと、クロスオーバーテイストをイメージさせる2つエクステリアが披露された。

C-986.jpg

着せ替えコンセプトが大きな話題となった新型コペンには、東京モーターショーにおいて発表されたこの2種類のデザインをベースとして発売が開始される予定で、今後その他にも着せ替えデザインのバリエーションを増やしていく予定ではあるが、自社だけで多くのバリエーションを用意するのは困難と考え、数社パーツメーカーへ依頼しており、その他にも外装パネルの設計データを一般ユーザーにも提供し、新型コペン公式プレサイトなどにおいて知らせるようすで自動車業界にとって今までにない取り組みとなるようだ。

コンセプトによれば外装パネル交換はスマートフォンのカバーケースのように外装パネルを着せ替えできるボディ骨格から、女性でも簡単に取り外しができるような簡単な構造を目的としているが、あまりにも簡単にすると盗難や走行中の脱落の可能性が懸念される。


続きを読む

| DAIHATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイハツ 新型タント フルモデルチェンジ 10月3日発売!!待望の両側スライドドアを採用 イーステクノロジー採用によりJC08モード燃費 28.0km/L!!

ダイハツ 新型タントカスタム CM 動画

ダイハツ車種の中でもムーヴ・ミライースに次いで人気車種となる『 ダイハツ・タント 』『 ダイハツ・タントカスタム 』の発売がいよいよ10月3日に開始される。

今回のモデルチェンジで『 3代目 』となるダイハツタント、軽トールワゴンとして圧倒的な人気車種であるタントの魅力はなんといってもその居住性にあり、今回登場する新型も先代と同様全高1750mmの仕様となっており、ホイールベースは先代に比べ2455mmと35mm短縮されるものの、助手席は前後にロングスライド、同様に後部座席もロングスライドするなどアレンジが可能であり、広い室内空間は今だ健在といったところだろう。


続きを読む

| DAIHATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013 ダイハツ ミライース 発売2年目となる今年9月にマイナーチェンジモデルを発表!!低価格、燃費改良で一新!!

現行ミライース解説動画

2011年9月から発売が開始された『 ダイハツ ミライース 』発売開始から2年目となる今年9月にマイナーチェンジされることが明らかとなっている。第3のエコカーとして登場したミライースはダイハツが持つ技術を結集し開発を重ね、車両構造の見直し、車両の軽量化、トランスミッションの改良、エンジンの見直しによって大きく燃費性能を改善しダイハツ独自の低燃費技術『 e:S 』テクノロジーと呼ばれる新技術を生み出している。

2011年9月に登場したミライースは、JC08モード燃費30km/Lとされその燃費性能から人気が集中、販売が開始されてすぐに累計19万台以上の販売台数を記録している。そのミライースがマイナーチェンジされ新しく生まれ変わり9月下旬に発売が開始される。


ミライース.jpg


続きを読む

| DAIHATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年 ダイハツ コペン復活!! 今年東京モーターショーにおいて新型コペン登場!! 3気筒ターボで来年4月に発売予定!!

2013『 KOPEN・コペン コンセプト 』

ダイハツ工業より2002年6月に販売が開始され過去10年間にわたり累計約56,000台以上の販売台数を記録しその後、2012年8月末に生産を終了した軽コンパクトオープンスポーツ『 コペン 』そのコペンの新型モデルとされるプロトタイプが今年11月に行われる東京モーターショーにおいて初披露される予定となっている。

2012年8月に生産終了、9月5日に完全に販売が終了となった先代コペン

コペン.jpg


出展されるのはプロトタイプではあるものの、このモデルが市販化されるモデルに”最も近いモデル”とされ、2011年に東京モーターショーにおいて初披露された『 D-X (ディークロス)』の進化版とされ、D-XはSUVタイプであったが、その後2012年インドネシア国際モーターショーにおいて出展されたモデル『 D-R 』によく似たモデルになるようで、フロントマスク及びリアに関しては『 アウディ 』を思わせるデザインとなるようである。

続きを読む

| DAIHATSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。