googleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.htmlgoogleca26dcaae19bdc08.html 輸入車国産車動画紹介

日産・新型フェアレディZ、2017年に市販化へ向け開発中!!エンジンはV6・ツインターボ、GTRのVR38をダウンサイジング!!

現行・NISSAN フェアレディZ
560.jpg

2008年12月にフルモデルチェンジを行い『 6代目 』となった日産『 フェアレディZ( Z34 )』。

モデルチェンジより7年が経過した今、1969年より続くフェアレディZが『 7代目 』として新しく生まれ変わる時期が近づいている。

Z33フェアレディZの市販版が公開されたのが東京モーターショー2001であったため、今年10月末に開催された東京モーターショー2015において、サプライズカーとして『 フェアレディZ・コンセプト 』が公開されるのでは?という大きな期待はあったが・・・残念ながら実際に披露されることはなかった。

ではなぜ今回の東京モーターショーに出展されなかったのか?・・・


続きを読む

| NISSAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PART2 レクサス LC 待望のレクサススポーツ『 F 』の登場はいつ頃に!!その気になるスペックは?

次期LS・Lexus LF-FC Concept


もう間もなく来月デトロイトショー16において公開予定のレクサス『 LC-500 』『 LC-500h 』、今回のデトロイトショーにおいて注目株であることは間違いないだろう。

レクサス側もこのモデルにはかなり力を注ぎ込んでおり、内装に関してもこれまでにないほど贅沢で美々しい装備となるようだ、シートの仕様は総革張りとなり、本木目のパネル、アルミをふんだんに使用した加飾が施される。

安全装備には最新となる『 レクサス セーフティシステム +』を標準装備、更にはサイド&バックビューカメラをオプションにて設定するとか。


続きを読む

| Lexus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソアラの後継、レクサス・最上級クーペ『 LC-500 』『 LC-500h 』2016年1月デトロイトショーにおいていよいよ市販モデル初披露!!

レクサス・SC
560.jpg

トヨタ・ソアラの後継車として日本においてのレクサス・ブランド開業に伴い、2005年8月に販売が開始された『 レクサス・SC(2代目) 』。これによりトヨタ・ソアラの名称は1981年から24年間続いた歴史に幕を閉じることとなった。

その後『 レクサス・SC 』となって販売されたが、排気量4.3Lと国内に見合わない大きな排気量に、それにかかる自動車税、AT車のみの設定等がネックとなり、約5400台程の販売台数をもち2010年7月に生産終了となり『 レクサス・SC 』は完全に絶版となった・・・

その後、『トヨタ・ソアラ 』『 レクサス・SC 』を受け継ぐモデルの登場は無かったが・・・転機が訪れたのは2012年1月に開催された北米デトロイトショー。

『 LEXUS LF-LC 』コンセプト

そこで参考出展された『 LEXUS LF-LC(開発呼称 950A)』コンセプトが衝撃のデビューを飾ったうえ『トヨタ・ソアラ 』『 レクサス・SC 』を受け継ぐモデルと発表され話題となった。

当初レクサスはこの『 LEXUS LF-LC 』コンセプトを商品化する計画は無かったようだが、2012年1月北米デトロイトショーにおいて世界各国の自動車デザイナー達から最優秀コンセプトカーに選出され、その後各地のモーターショーにおいて高い評価を得たことで商品化に向かって更に開発が進められてきたという。

企画成立までには各部門において徹底的な調査から様々な議論を交え、各国の法令に従うべく規格や基準に合わせるために相当な時間を費やし、ようやく市販モデルへの土台が完成、それがいよいよ北米デトロイトショー2016、開催期間『 2016年1月11日〜24日 』においていよいよ待望の市販モデルが初公開となる。


続きを読む

| Lexus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ・パッソ&ダイハツ・ブーン、2016年4月フルモデルチェンジ!!コンパクトカートップクラスの燃費性能!!

現行 トヨタ PASSO・パッソ
パッソ.jpg

2010年2月にデビューした現行『 2代目 』トヨタ・パッソ&ダイハツ・ブーン。2016年4月中旬頃にフルモデルチェンジを迎え一新『 3代目 』が登場する。

今回のフルモデルチェンジでは、パッソの長所でもある操作性を生かすため、ボディサイズは『 全長3,665o×全幅1,665o×全高1525o、ホイールベース2,490o 』とほぼ変わらず、現行に比べ全高が10o低く、ホイールベースが50o伸ばされているようだ。


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ・エスティマの『 MIRAI 』はどうなる?・・・来年の大幅なマイナーチェンジで現行モデルを継続!!

現行型エスティマ・アエラス
エスティマ1.jpg

2006年1月に市販が開始された現行型エスティマ。トヨタのミニバンというカテゴリーの中でロングヒットを続けている人気車種であるため、ユーザーの期待に応えられるようトヨタも次期エスティマには相当な力を注ぎ込んでいるようだ。

2006年1月にデビューした現行型『 3代目 』はデビューより間もなく10年目を迎える。エスティマについては、以前よりフルモデルチェンジの情報などが持ち上がっては消え、再び計画の話が持ち上がっては・・・話が流れるなど様々な情報が葛藤している状況となっている。

その大きな要因となっているのが・・・


続きを読む

| TOYOTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。